カードローンなどを一本化するための正しい方法とは?

なぜ、カードローンの一本化が必要なのか?

消費者金融や銀行のキャッシングローンやカードローンで、ついついお金が入り用になり、気が付いたら複数の消費者金融や銀行から借金していたという方もいらっしゃると思います。
お金が入り用なときというのは、どうしても急を要する時が多いですから、既に借り入れている貸金業者のカードローンに追加融資を申し込み、その審査と返答を待つよりは、新規の貸金業者で、スピード審査で、即現金化を宣伝文句にしているところに、新規借入れを申し込んだ方が、確実に翌営業日には現金化できるから…と、ついつい安易な方向に走りがちです。

特に、返済延滞のある方だと、追加融資の望みはほぼゼロですから、他社貸金業者の方が借りられる可能性大ということで、他社に走ってしまうわけです。
しかし、各貸金業者傘下の信用保証会社であっても、その人が複数の貸金業者から借りいているという情報をやがては得ることになります。
そうなると、どこからも借り入れできないようになり、ついには闇金業者に手を出すという、悪のスパイラルに陥ってしまうのです。

こうなると、人生破滅の道をたどってしまうことになります。
そうなる前に何か行動を起こさなければなりません。
ただ、どうしても借金の相談を誰かに持ちかけるのは、恥ずかしいという気持ちばかりが先立ちます。
そして結局何もしないで、ズルズルと悪のスパイラルにはまってしまうという方が多いのです。
ただ、世情を考えれば、少しは恥ずべきほどのことではないと、思うのではないでしょうか。
長引く不景気に、将来の昇給を充てにして、借金した方は大勢いるわけで、その中には、勤め先の業績不振から、リストラされたり、賞与カットされたり、給料カットされたりしたという方は、大勢います。
ですから、何か手段を講じることは、全然恥すべきことではないのです。

この悪のスパイラルの最悪パターンは、借金返済のための新たな借金です。
借金には当然、利息というものが乗りますので、利率の高利な借金をすれば、返済負担が増してしまいます。
そこで、極力低利なカードローンを利用するのが一番の予防法なのですが、先述のように、急を要していただけに、借入時の年利は、二の次になってしまうのです。
総じて、低利な貸金業者は、審査にも時間をかけますから、致し方ないことでしょう。
そして、この「致し方ない」ということが、二度三度と続き、2社以上の貸金業者から借金してしまった場合によく利用される手段が、カードローンの一本化、いわゆるおまとめローンといわれるものです。

カードローンで借金地獄

おまとめローンの最大のメリットは、借入利率を下げて、返済の利息負担を減らせることです。
通常、カードローンの借入金利は、借入れ審査時に与えられる信用保証枠、融資限度額によって決まります。
融資限度額が多ければ、闇金以外の貸金業者なら、大抵はそれなりに低利になります。
良く見かけるカードローンの広告で、何%から何%という表記があるのは、融資限度額がそのカードローンの最大枠を与えられれば、その広告表記にある、最低金利、最少枠なら最大金利となるのです。
この融資限度額による借入金利の違いには、出資法で定める利息制限法が背景にあります。

利息制限法は、貸金業者に対して、貸付金利を定めた法律で、貸付金10万円未満の場合は年利20%、100万円未満なら年利18%、100万円以上なら年利15%と定められています。
ですから、これを遵守していない業者の闇金以外は、10万円と100万円で、貸付金利が必ず変わるのです。
そして、他社カードローンと差別化して、市場競争力を出すために、10万円と100万円の間や、100万円超えと最大融資限度額の間の切のいい数字に、段階的に利率が変わるよう設定している貸金業者が多いのです。
大抵、スピード審査など、簡略した審査の場合、信用保証枠は、100万円以上になることはありません。

最悪パターンは、10万円未満の保証枠しか与えられないで、借金した場合です。
そのカードローン広告表記にある最大金利は、利息制限法の20%には達しないものの、それに近い利率のはずです。
もしも、複数のカードローン借金の、それぞれの信用保証枠が10万円未満のものを含んでいたり、すべてが100万円未満だったりする場合、おまとめローンは確実にその効果を発揮します。

現状の複数のカードローンとおまとめローンの比較を行うには、まず、それぞれの現行の借入残高に、それぞれの借入金利を掛け合わせ、それを借金総計で割った数字、つまりは、あなたの平均借入金利を計算します。
この時、借金総計が100万円を超えていれば、利息制限法に照らし合わせると、確実におまとめすれば平均借入金利が下がるのです。
もしも、総計が100万円超えでなくとも、貸金業者の中には、10万円と100万円の間の切の良い額、例えば50万円とかで、段階的に金利を下げている業者がありますから、そうした業者におまとめすることで、平均金利が下がります。
例えば、借金総計100万円超で、複数のカードローンの平均借入金利が18%だとして、100万円のおまとめは確実に年利15%以下になります。
そして、この差の3%以上分は、年3万円に匹敵するのです。
利息負担が減れば、借金返済のための借金をする確率も大幅に減りますから、強いては借金完済の道も近づくのです。

借り換えをするために必見!基本的な知識を教えます

カードローンはすぐに現金を用意できて緊急の場合などは非常に役立つ便利な手段です。
そして、カードを作る時も、そんなに面倒もなく一定の信用があれば銀行カードでも、消費者金融のカードであってもクレジットカードのキャッシング枠であっても、すぐにカードを作る事が出来ます。
利用法もコンビニATMでもネットからでも簡単な手続きで借入れする事が出来、便利な反面使い過ぎには注意が必要です。
使い過ぎてしまうとどうなるのでしょうか。
借金の返済は収入と返済金のバランスで決まってきます。
毎月の返済があっても生活には支障を来さなければ、まだまだ返済の余力があると言うことですが、返済金の工面をしなければならなくなったら危険信号と言えるかもしれません。

カードローン地獄

では、どれほどになったら多重債務になるのでしょうか。
多重債務に確立した定義はありません。
したがって自分で厳しいと思い始めたら借金完済を真剣に考えなければなりません。

厳しいと思い始めた時にすでに複数のカードローンから借入れがあるならば、カードローンの一本化を選択したほうがベストでしょう。
返済を一本化することによって、毎月の返済が一つになって管理しやすくなりますし、その分気持ちが楽になると思います。
そして、おまとめローンの特徴は融資額が大きくて金利が安いことです。
毎月の利息分が少なくなり返済金額も相対的に安くなります。
例えば、月々の返済が3口でそれぞれ1万円ずつで合計3万円の返済であるものが、おまとめローンを利用して一本化することによって2万円の返済額になるというような感じです。

そうなると、それまでのカツカツな生活に少し余裕が出てくると思うのです。

おまとめローンを利用して債務の一本化した場合は基本的に返済が長期になることを覚悟しなければなりません。
金利の関係で、一本化したことによって返済が長期になり、複数の返済をしていたケースよりも支払総額が多くなる可能性は多分にあります。
しかし、そのまま続けていたなら返済が滞ってしまうことになる可能性が大きいという場合なら、長期になっても月々の返済金額を圧縮することは妥当なことではないでしょうか。
一定の余裕が出た時点で、任意返済、つまり約定の返済以外で借金を返済すればいいでしょう。

こうやってお金に余裕のある時に任意返済をしていくのがベストです。
おまとめローンの返済方法はカードローンと同じで元利均等式のリボ払いがほとんどではないでしょうか。
もし元金均等式のリボ払いを選択できるならば、自分の返済能力を考えて選んだ方が良いと言えます。
なぜならば、元金均等式は返済の元金が一定で、それに利息分を加えた金額が月の返済額になります。
つまり、元利均等式では、例えば3万円の返済であれば、その中に元金返済分と利息が合算されて3万円の定額返済になり、元金均等は3万円元金に利息がプラスされた返済金額になるので、元金均等式の方が完済は早くて支払総額も少なくて済むのです。
しかし利息の計算方法は日割計算で行うので、債務残高X金利X日数/365日の計算式なので、最初は返済が進んでいないので債務残高は大きく、その分支払う利息も多くなります。

どちらの支払い方法が良いのか、自分で返済シミュレーションをしてみてください。
ただ気をつけなければならないのは、多重債務あるいはその入り口にある人のキーワードは「余裕」です。
お金に余裕をつくる事と、それによって精神的な余裕を取り戻すことだと思います。
おまとめローンによって一本化した時の返済額はある程度余裕を持った方が良いのではないでしょうか。
しかしその余裕をまた借り入れに使ってはいけません。
返済に使わなければなりません。
余裕ができたことによってまた借り入れをしたら「元のもくあみ」になってしまいます。
こうなると債務整理を考えた方が良いと思います。
そのような方はおまとめローンで債務の一本化など考えずに、最初から債務整理を考えた方が良いかもしれません。
おまとめローンで債務を一本化しても債務残高は何も変わりません。
しかし債務整理することによって、その方法によって若干違いがありますが、債務が減額されたり、債務を無くする事が出来たりします。
けれどもそれによって、それ以降カードローンはもちろんのことですが、住宅ローンもマイカーローンも教育ローンなど一定期間あらゆる金融機関のローンは組めなくなってしまいます。

信用情報機関にその債務整理の情報が登録されて、その登録が消えるまでの期間、ローンは組めないでしょう。
ただし、任意整理は信用情報機関に登録されないことも有ります。
おまとめローンは銀行でも消費者金融でも取り扱っています。
銀行の場合はおまとめローンの商品はありますが、あくまでも融資なので返済能力をとても重視するのです。
返済能力が足りなければ否決されることもありますし、消費者金融は総量規制の対象になるので年収の3分の1以上は貸し出しできません。
そして、おまとめローンを組む事が出来たら、生活を再建するきっかけにして、粘り強く完済に向けての努力をするようにしましょう。

さあ、複数のカードローン返済の第一歩を踏み出そう!

カードローンの一本化・・・なぜ、一本化やまとめたいのか考えましょう。なんとなくみんな一本化した方がいいといってるから私も・・・なんて感じで一本化や借り換えをしても意味がありません。

もし、あなたが、一本化やまとめをすると金利が安くなるから得なんて考えを持っているのであれば間違いです。

正確には間違いではありませんが、そういった精神的な甘さを持っていると一本化したところで、返すのもずぼらになってしまいますので、金利が減るというのは間違いですし、そもそも、きちんと返すことが金利を減らす一番の方法であり、一本化する意味はないのです。

金利云々いうのであれば、一本化せずにそのままコツコツと返していくことが大杼です。

次に、複数の会社から借りていると、複数の会社から左側の電話や、返済するATM、引き落としの回数等も多くなるから、1社にまとめることで、あちこちのATMに行ったり、口座の残高を 気にしたり、通帳の記載が複雑になるのを防ぐことができる・・・

もしあなたがこういった考えをもって、一本化したいというのであればそれは大正解です。

5

本来の目的はこれなのです。

金利が安くなるとかそういう事ではないのです、借り換えたところで金利は大した差はありません。

借り換えて一本化すると楽です。

返すところが一か所で済むし、返済が遅れても電話は1か所からhしかかかってきません。

何よりも精神的に楽になります。返済時に会社が終わった後にあちこちの消費者金融のATMを回ったり、口座の残高を気にすることがないのですから。

もし、あなたが少しでも楽に返済していきたいというのであれば、カードローンの借り換えを利用してまとめて一本化する事をお勧めします。

では、下記にメリットをまとめましたので、参考にしてください。

メリット1・他のカードローンを返済する事が出来る

正確にいうと帰り買えですので、金額はさほど変わりませんが、他のカードローン会社は返済したことになるので、そのカードローン会社に関しては、信用度は上がります。

メリット2・何か所も振り込んだり、ATMめぐりをしなくても済む

返済がかなり楽になり、返済時の時間的負担も大幅に減らせます。

メリット3・シンプルに返済する事で、返済計画が立てやすい

返済計画がシンプルになり、例えば、返済先がわかれていたりすると、○○には返したけど、○○ぬは返せていない といった事態がどうしても発生してしまいます。
これを防ぐことにより、返済をきちんとする事ができます。

一本化の一番のメリットは、返済がシンプルになる事で毎月の返済が簡単になる事です。結果として計画的返済ができ、利子も安くなりお得になります。

利子を安くしようと思って借り換えたり、一本化するのは間違っている

これは良くある間違いです。一般的なカードローンで100万以下くらいの融資だと、一本化しようが何しようが、さほど変わりません、むしろ、借り換えるために契約したり、いろいろなところに電話したり、書類を作ったり・・・そっちの方が手間がかかります。
むしろ損します。

利子がどうこうと気にしなければならないのは、1000万以上を借りているような、中小企業とか資産家の話です。

1

ですから、一般には低金利目的での一本化にメリットはさほどありません。

例えるなら、節約しよう!等と言ってテレビのコンセントを抜いたり、信号待ちで車のエンジンを止めたりするようなものです。
電気代は安くなりますが、そこまでしてこだわるの?という感じの人が大半だと思います。
ちなみにテレビに関して、電気代は年間に10円位の違いはあるようです。

とにかく1円でも安くしたいと病的にこだわるのであれば、利子を抑える目的でのカードローンの借り換えはいいでしょうが、そんなことをするくらいなら、ちょっとアルバイトを増やすとか、1回だけ外食を我慢するとかそっちの方がお得だと言えるでしょう。

この利子をどうにかして減らすことはできないのか?と思うその気持ちよく分かります。
滞納したりした後に、ATMで15000円返しているのに利子で7000円位とられていたりすると、頭にきますよね。

しかし、利子を抑える目的でのカードローンの一本化は、300万以下の一般人向けの融資にはあまり意味がありません、どちみち高いです。
カードローンは計画的な返済をすることが利子を抑えることになります。

ですから、正しくは利子を低くするため、ではなくて、返済を簡単にしたい、という目的で一本化をする・・・これが正しい考え方です。

具体的に、一本化ってなんなのでしょうか、わかりやすく説明します。

一本化とはつまり、借り換え、おまとめと言われる通り、他所から借りて、返してしまおうという考え方です。

例えばあなたが

A社に20万

B社に10万

C社に30万

合計60万の借り入れがあるとしましょう。

あなたは、毎月3社別々に返さなければならないし、面倒です。

そこであなたはZ社から60万の融資を受けます。

その60万で A B C 社それぞれにすべて返済するのです。

すると、あなたにはZ社のみに60万の借り入れのこります。

あなたはこれからは、毎月Z社のみに返済すればいいだけなので、楽です。

超初心者向けに説明すると上記のような形になります。厳密には利子がつくのでこれほどシンプルではありませんが、利子分のお金を払ってでも一本化する価値は十分あると思います。

11

返済時が面倒くさいと、返済も滞って結果的に損するのです。

ですから、返済をスムーズにするためにも、お金を少し払ってもいいから一本化する事をお勧めします。

そっちの方が現実的に、将来的にお得なのです。

どうやったら借り換えでまとめて一本化できるのでしょうか?

これは、カードローン会社に正直に言いましょう。

「いくつかカードローン会社と契約しているけど、一本化したい、返済をシンプルにして編来の負担を減らしたい」と電話で言いましょう。

一本化を申し込むのは恥ずかしい事ではなく、普通の事です。

そういう人は良くいますので、一本化が希望であれば、いくつかのカードローン会社に相談しましょう。

現在借りているところでもいいですし、未契約のカードローン会社でもいいです。

一本化の申し込みは普通のカードローン契約時の時と同じですので、気軽に相談するとよいでしょう。

誰でも一本化できるわけではない

カードローン会社の立場からすれば、借り換え一本化は、あなたの借金を肩代わりするという事です。

ですから、貴方にはそれ相当の信用度を求めてきます、担保や、資産、経歴、等も根掘り葉掘り聞かれるでしょう。

これは信用度調査としては当たり前のことです。

だって、返済に困っている人が、自分の所に来て、お金の返済に困ってる、まとめて返したいからお金貸してくれ、と相談に来ているのです。

カードローン会社も慎重になります。

そして、ほとんどの場合は審査に落ちます、なぜなら、一本化を希望する人はすでに滞納をしていたり、たくさんの消費者金融から借りてたりすることが多いからです。

そういった場合は個人ではなく、債務整理の弁護士に相談するという手もありますが、債務整理とカードローンの一本化は話が違いますのでふれません。

自分の年収以上のローンを抱えたり、法人での負債等という話であれば弁護士に相談するのもありでしょうが、ただのカードローン一本化ですと、審査に落ちるようであれば諦めた方がいいです。

9

一本化すら断られるようであれば、それは本当の借り過ぎです。

もう、カードローン会社への連絡を絶って生活の水準を下げてコツコツと返していきましょう。

借り換えて一本化した後にこれだけは注意しておきたい

これだけは知っておきたい!という事をお話ししておきますので、よく覚えておいてください。

まず、一本化をすると他のカードローン会社からの信用度が上がってしまう事があります。

そうすると、また借りられる と思ってしまうのです

12

それはまるで悪魔の囁く声です。

しかし、これが多重債務者の入り口であることをしっかり覚えておかなければなりません。

返済を楽にするためにわざわざ借り換えて一本化してまとめて返済しようとしているのに、また借りてしまう人が後を絶ちません。

ですから、この危険性をしっかりと覚えておきましょう。

・・・といっても、お金を借りれる状態で、お金に困っているのは、一度でもカードローンでいい思いをした人には耐えがたい苦痛なのです。

ですから、よ~く考えて、計画的に返済をしていってください。

この悪魔の誘惑に負けない!きちんと初心を忘れずに計画に返済していってほしい

それが私の本当に言いたい事であり、貴方にわかっていただきたいと思います。

一本化は始まりに過ぎない!悪魔の誘惑に負けないために・・・

私は、借金返済に関する本を読むことをお勧めします。

ネットで同じような知識は手に入りますが、やはり、「本を買って読む」という行動がいいように思います。

人間、無料で手に入ったものは大事にしませんからね。

この時代にわざわざお金を払って借金返済に関する本を買って読んだ、という行動自体が大事なのです。

amazon

アマゾンで「借金返済」のキーワードで検索した結果です。

こういった本を読むことはとてもためになります。

また、あなた自身が借金返済で悩んでいるのであれば、こういった本がよりリアルに楽しめる・・・そんな前向きな気持ちでよむのもいいのかもしれません。

実際、借金返済に関する悩みを持っているのとそうでない人とでは、臨場感が違うでしょうから。

私が読んだ本をご紹介します。

カイジ「命より重い! 」お金の話
55

カイジ・・・いいですね、私は最初から見ています、最初の船でジャンケンするのから、パチンコ編、地底でチンコロするやつとか・・・麻雀はよくわからないので五十歩百歩?とかいうのは、見てません。
損な開示を題材にお金の大切さを教えてくれます。

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
33

借金1億2千万円を借りられるくせにフリーターを名乗るな!という突っ込みをしたくなりますが(笑)そういう疑問も含めて作者の事を知りたい人は読んだ方がいいでしょう。
とてもためになるし、面白く引き込まれます。

借金返済で困ったらこの1冊 (はじめの一歩)
44

もう、基礎中の基礎ですね、ここを見ている人は融資の一本化についてもっとよく知りたい人が多いでしょうから、書籍を購入して読むことをお勧めします。
お金にだらしない事がどれだけ危ない事かを嗜好に刻み付けてくれる・・・そんな優良な本です。
学校の教科書にすべき本なのかもしれません。

カードローンを借り換えでまとめて一本化するための正しい方法のまとめ

  1. 1000万越えなどの高額融資でなければカードローンの一本化ではたいして利子は変わらない
  2. 一本化とは返済を一か所にまとめる事で返済をしやすく為のものである
  3. 利子を低くする最善の方法は毎月きちんと契約通りに返す事である
  4. 一本化をしたい場合は素直にカードローン会社に相談しよう
  5. 一本化した後に、また借りたくなることがある、それは借金地獄の始まりなのでので絶対にしてはいけない
  6. 借金返済に関する書籍などをアマゾンや本屋で買って読もう、ネットの無料情報だけに頼ってはいけない

最後に・・・一本化を考える前にきちんと返済するという事を考えよう!

銀行のカードローンはやっぱり利子が安い・・・
よくCMを見ていると銀行などのカードローンのCMが放送されていますよね。
特に銀行系は利子が安いなぁ。

と感じながらCMを見ています。
一番安い利子にしたいときには目的がしっかりと明確な住宅や学資の方が安いのですが、それでも目的は何でもいい場合でも銀行の利子は安いです。
最近では消費者金融でも法律などがあるので銀行の利子に近く安くなりましたが、やっぱり一番安いのは銀行かな?と感じます。

そして、給料の振込みなどにも利用している銀行だからこそ、もしお金を借りることになっても安心して頼むことができますよね。
毎月のようにATMなどから引き落としを行っていたりもするので、もし借りるときにも同じ要領で引き出すこともできるので不安なくできます。
少し1ヶ月先に大きいお金が必要なときに利用するといいでしょう。

私も利用したことがあります。
最初は不安だったのと、20歳になり働き始めたときだったので、借りられるのか心配でした。
手続きの用紙をいろいろと書き、本人確認の書類などを提出しました。
その後早く借りることができるのかな?と思ったのですが、思ったより日数がかかったのです。

ちょっと日数がかかりビックリしてしまいました。
記憶では3週間前後かかったと思います。
そして、無事借りることができました。

最初の月の生活費が足りなかったのですが、親もお金がなかったので借りることができすにカードローンを組んだので助かったのを覚えています。
しかし、少し思ったよりお金を手にできるのが遅くなってしまったので、前持って1ヶ月くらい先に使うときに利用したらいいのかな?とも感じました。
20歳のときはあまりお金についても詳しくわからなかったですし、よくわからない点も多かったのですが、担当してくれた方は丁寧に説明してくてれて助かりました。
まだ働き始めて、返済もボーナスが出るまでは一気に返すのが難しい状態でもあったのですが、銀行のカードローンは30万円を借りたときに毎月1万円ずつ返せばよかったので、ボーナスがくるまでは少しずつ1万円を返しました。

そして、夏のボーナスが支給されたときに残りの分を一気に払うことができました。

22
イメージとしてもカードローンは決していいイメージはないかもしれませんが、自分の中で計画的に利用すると悪いものではありません。
逆に上手に利用することで、特に銀行の利子はどこよりも安く返済しやすいとも感じました。

住宅ローンのようにその目的にしか使えないローンではないので、困った時に何の用事でも使えるのが魅力的でもあります。
今、何かあって1ヶ月以上先に大きいお金が必要な場合は、検討してみるといいのではないでしょうか?銀行に行くと、ローンのパンフレットがあるのでどこの利子が安いのかでも検討してみるといいでしょう。

計画的に返済すると怖いものではないです。
紙などにしっかりと自分の返済計画などを練って書き、返済中は特にムダ使いをしないようにしながら返済に充てていくといいですよ。

皆さんが、借り換えでのまとめ、一本化に関する正しい知識を習得し、計画的に返済できれば幸いでございます

サブコンテンツ

このページの先頭へ